格を知る

赤いドレスの外国人

購入よりも気軽に利用が出来る貸衣装は名古屋のお店で利用することが出来ます。小物の豊富に揃っているのでとても便利です。

和装には様々な種類があります。和装の格を知ることによってどんなときにどんな着物を選ぶと良いのか理解できるようになるので、しっかりと確認しておきましょう。また和装でも帯や小物など合わせ方もたくさんあるので、まずは和装の格を理解しどんなものと合わせると良いのか幅広い和装の知識を身につけておきましょう。和装の中でも特に格が高いと言われているのが、例葬儀です。これは儀式などで利用されてる和装であり、留袖や本振袖、喪服などがあります。色は様々なものがありますが、留袖や喪服は黒をベースとしてものが多いのです。次に格が高いと言われてる和装が、略礼装着と言われているものです。これは色鮮やかなものが多く、入学式や披露宴などでよく利用される服装の1つなのです。有名なものは、ベースが黒になっていない留袖や訪問着などが有名です。振袖も略礼装着として利用されています。このような和装よりは格が下だと言われているのが、外出着です。格の高い和装と比較するとより着やすいものとなっており、付け下げが有名です。そのほかに小紋やお召などがあります。基本的には普段着として利用することもでき、様々な場所で着ることができるのです。また街着や普段着として利用される先染め織物やウール、黄八丈などは少し外出するときに利用されるものです。このような和装はレンタルでも利用することができるので、格の高いものは購入するよりも、レンタルのほうが安くできることが多いのです。また街着や普段着として利用されるような和装は利用機会も多いので、レンタルよりは購入したほうが良いこともあるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加