プロに撮ってもらおう

女性

応募条件通りに撮影する

芸能関係のオーディションに応募する場合、通常、写真を用意することになります。履歴書と一緒に送付することが一般的です。この時、募集要項をしっかり確認しておきましょう。オーディションによって規定が異なることがあるからです。例えば、上半身と体全体の写真を送付するように指示されることもあれば、野外撮影のものを指定されることもあります。逆に、写真館などで撮影する、いわゆる履歴書用の笑顔のない写真を送るように言われることもあります。いずれにしても規定どおりのものを送らないことには、それだけで落とされてしまうので注意が必要です。また、どのタイプのものを送るにしても、写りの良いものにしましょう。そのためにはプロのカメラマンに撮影してもらうといいかもしれません。親切な写真館などでは、オーディション用の写真を撮影してほしいと頼めば、規定どおりのものを撮影してくれます。これなら写りが悪くなることはありません。もちろん、規定どおりにきちんと撮影してもらえるので安心です。それから、オーディション用の写真は日頃から撮りためておくことをお勧めします。急に必要になることもあるからです。全体的に笑顔で爽やかに見えるものは印象が良いことから、外出時には記念撮影をしてみましょう。もちろん、自然な笑顔が好まれるので、変に作り込むことはありません。それから、オーディションは書類審査から行われることになっています。つまり、写真の印象が左右されるからこそ、納得のいく自信作を送付することが大切です。

Copyright© 2017 オーディションに合格するために|写真で自分の魅力をアピール All Rights Reserved.